FC2ブログ
※このサイトにはアダルトコンテンツが含まれている箇所がありますので、大変申し訳ありませんが18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦乙女ヴァルキリー2「主よ、淫らな私をお許しください…」(一部攻略済み、Hシーン全開放済み)

※この作品は戦乙女ヴァルキリー「あなたに全てを捧げます」の続編です。
  そのためネタバレ要素を含んでいる可能性があります。
  (Hシーン重視の作品ですので、あまり問題はないと思われますが・・・)

[ 作品名 ]
戦乙女ヴァルキリー2
「主よ、淫らな私をお許しください…」
[ ブランド ]
ルネ
[ 発売日 ]
2008年3月28日
[ ジャンル ]
戦乙女徹底調教ADV
[ 原画 ]
田丸まこと
[ シナリオ ]
そのだまさき K-TOK 大神キリン
[ 主な声優 ]
島香麗子 一色ヒカル サトウユキ
風音 かわしまりの
[イベントCG紹介] (c) ルネ All Rights Reserved.





※以下の評価は完全攻略していない者の評価です。
  一部ルートクリア後フルコンプデータ使用し、CG・回想モード全開放。

シナリオ グラフィック キャラクター サウンド
C A B A
Hシーン ゲーム性 システム オススメ度
S C A S
 評価ランクはEX>S>A>B>C>D>Eとなっています。私個人の評価で参考に…ならない?
シナリオ C 前作に引き続きHシーン重視の作品ですのでCでも問題はありません。
前作のメインヒロイン「レイヤ」に代わり、
気高く冷徹な戦乙女「アリーヤ」が今回のメインヒロインになります。
(レイヤもヒロインの一人として継続)
さらにオーディンの娘の戦乙女「ヒルデガード」がヒロインに加わりました。
サブヒロインは前作から引き続き3人+新たに2人加わっています。
グラフィック A 前作に引き続きクオリティの高いグラフィックです。
メインクラスのヒロインが3人になったことに加えサブヒロインも増えたので
よりファンの幅を広げたんじゃないでしょうか。
差分の数も多いですし満足です。
キャラクター B おとなしい感じのレイヤ。反抗的なアリーヤ。世間知らずのヒルデガード。
前作のレイヤ一本柱に比べてキャラの幅が広がったと思います。
サウンド A ルネお得意のHな効果音が素晴らしく雰囲気を盛り上げてくれます。
やはりこのシステムは個人的にツボですね。
Hシーン S 上記のH効果音に加えてキャラの幅が広がったことでさらに良くなりました。
前作に引き続き1対1の陵辱のほかにも
公開陵辱、輪姦、妊娠エンド、戦乙女たち以外の陵辱(天使・エルフなど)等も健在です。
ゲーム性 C 一般的な選択式のゲームです。
システム A 通常の回想モードの他に
それぞれのHシーンを組み合わせて編集できるモードが追加されています。
好みのシーンだけを何度もループさせたりと、かなり便利だと思いました。
Hシーン重視のゲームには必須にしてもらいたいぐらいですw
オススメ度 S 前作以上に素晴らしい出来になっています。
前作のレイヤも続投のうえに新規ヒロインも魅力的で大満足でした。
良いところを残しつつ、不満点も解消された良い続編だと思います。
いわゆる抜きゲーとしてはかなり オススメです。
2度ほどPCが故障しても再度インストするぐらいに好きな作品ですね。

関連アイテム(私が実際に満足した物のみ紹介)

戦乙女ヴァルキリー 廉価版
↑前作です。金髪の戦乙女ヴァルキリー「レイヤ」がメインヒロインです。

戦乙女ヴァルキリーG ~戦乙女達の黄昏~
↑今回の作品の続編です。続編というかファンディスク的な位置づけかと思います。
イチャイチャハーレム生活です。

アニメ版に関してはよく知りませんが、やっぱり人気高いんだなぁって所は嬉しいですね^^

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Twin Tail Fox

Author:Twin Tail Fox

東方カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
注目アイテム
宣伝バナー(公式リンク)
宣伝バナーⅡ(公式リンク)
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。